債務整理に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉アイフルの消滅時効

アイフルの債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

アイフルの消滅時効例

消費者金融のアイフル株式会社の消滅時効援用事例です。

信用情報機関のJICCに情報開示をしたところ、アイフルの記載があったものの、もう10年以上も支払っていないということで、消滅時効の主張ができないかという相談でした。

 

JICC上の情報では、残高が約42万円、契約自体は平成7年の包括契約、入金予定日平成16年分が延滞という登録でした。

CIC上も、同額の残高が登録されていました。

住民票上の住所から転居していたこともなく、裁判所からの手紙も届いていないとのことでした。

これらを前提にすると、延滞してから5年以上が経過しており、消滅時効の援用ができると見込める事案でした。

 

アイフルに対して、受任通知を送付、取引履歴を取り寄せたところ、最終返済は平成16年で、信用情報と合致している内容でした。

さらに、裁判等の中断事情もないことが確認できました。

 

そこで、消滅時効の援用通知により、支払い義務がなくなりました。

アイフルのような大手でも、消滅時効となっているケースはけっこうあります。

 

平成17~20年あたりが最終返済のケースでも、消滅時効となっているケースがあります。

 

 

アイフルの債務整理事例

アイフルについては、他の消費者金融、クレジット会社よりも任意整理による解決がしにくい業者です。

取引期間の長さにもよりますが、5年程度の分割払いの場合に、将来に渡っても利息をつけないと和解できないと言ったり、時期によっては公正証書作成を求めてくるなど、困難を伴う業者です。

同社を含む任意整理をご希望の場合には、短期間での返済を念頭に置かないと解決できないことも多いです。

 

アイフルに関する時効手続の依頼をご希望の方はぜひご相談ください。



無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

7/6相談会開催

 

横浜駅前事務所

7/6相談会開催

ページトップへ