債務整理に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉CFJ合同会社の消滅時効

CFJの債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

CFJ合同会社の消滅時効例

ディックファイナンス、アイクなどを継承しているCFJの消滅時効援用事例です。

このように、債権者の社名が変更しただけでは、消滅時効の期間はリセットされません。

 

当初の借り入れの返済を止めて、裁判等の時効期間リセットがされずに5年が経過しているのであれば、消滅時効を援用することで、支払い義務はなくなります。

もともとが複数の消費者金融だったこともあり、一部の債権が時効期間経過、一部は債務が残っているというケースもあります。

この場合、時効期間が過ぎた債務を特定して、消滅時効の援用手続きをすることになります。

 

CFJは支払いを止めても、すぐに裁判に動いてくる印象はあまりなく、消滅時効期間が過ぎているケースも多いです。

2004年あたりに支払いを止めている事例でも、消滅時効が成立しています。

 

CFJと受任通知

CFJからの督促が来ていても、弁護士に依頼し受任通知を送った後は、督促は止まります。

その後、時効の調査、任意整理では分割払いの交渉をすることになります。

受任通知を無視して直接本人への連絡をするようなことはありません。

 

 

このようにCFJの債務について、消滅時効手続の依頼をご希望の方はぜひご相談ください。



無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

11/30相談会開催

 

横浜駅前事務所

11/30相談会開催

ページトップへ