債務整理に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉ドコモ、ニッテレ債権回収の消滅時効

ドコモ、ニッテレ債権回収の債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

ドコモ、ニッテレ債権回収の消滅時効例

ドコモ、ニッテレ債権回収株式会社の消滅時効援用事例です。

携帯電話会社のNTTドコモも、携帯決済やDカードにより、ショッピング部分等の債権者になっていることも増えてきました。

また、DCMXカードなど、物理的なクレジットカードを発行しているので、こちらの債権も、通常のクレジットカード会社と同じく問題となります。

このようなドコモの債権ですが、延滞が続いた場合には、債権回収会社に債権譲渡されることが多いです。

ニッテレ債権回収のような債権回収会社に譲渡され、そこからの督促が来ることも多いでしょう。

 

裁判を起こされるケースもありますが、返済できずに5年以上が過ぎており、過去に裁判を起こされてもいないというケースもあります。

 

5年が過ぎている場合には、消滅時効期間が経過している状態といえます。

 

その場合、消滅時効については、しっかりと主張する消滅時効の援用手続をすることで支払い義務がなくなり、督促も止まります。

 

ドコモからニッテレ債権回収に対しては、複数回にわたり債権譲渡されていることも多いですので、債権がすべて譲渡されているかの確認もしておくほうが良いでしょう。

裁判所を使った支払督促が申し立てられているような場合には、消滅時効の援用によって、裁判所に出された支払督促が取り下げられることがほとんどです。

 

ニッテレ債権回収については、債権回収会社ですので、ドコモ債権に限らず、他社の債権の譲渡を受けて請求していることも多いです。地方銀行のローンなどの債権譲渡もあります。

 

 

ドコモの債務整理事例

ドコモが発行するDカードを含む、ドコモに対する借金についても、消滅時効が成立していないような場合には、支払いをする義務があります。

このような場合に、消費者金融や信販会社と同様、分割払いの和解をする任意整理による解決が可能です。

ドコモの場合、和解交渉時に、家計状況等の資料を提出する必要があります。

交渉開始当初は難航することもありますが、概ね、5年前後の分割払いの和解は成立しています。

 

 

 

ドコモの滞納、ニッテレ債権回収からの督促について、時効手続の依頼をご希望の方はぜひご相談ください。



無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

11/30相談会開催

 

横浜駅前事務所

11/30相談会開催

ページトップへ