債務整理に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉ニッテレ債権回収の消滅時効

ニッテレ債権回収の債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

ニッテレ債権回収の消滅時効例

ニッテレ債権回収株式会社の消滅時効援用事例です。

地方銀行などの借り入れの場合、保証会社がついており、長期間延滞すると保証会社への代位弁済がされます。

その後も、延滞が続く場合、債権回収会社に譲渡されることも多いです。

そのなかで、ニッテレ債権回収のような債権回収会社に譲渡され、請求が来ているケースもあります。

 

銀行債権だと、しっかり裁判などを起こして、消滅時効期間が過ぎないように管理していると思われがちですが、消滅時効の主張ができるケースも実は多いのです。

 

銀行の場合には、時効期間は消費者金融等と同じく5年です。

この時効期間を債権譲渡された債権回収会社も引き継ぎます。

 

5年が過ぎている場合には、消滅時効期間が経過している状態といえます。

 

たとえば、ニッテレ債権回収から定期的に通知が届き、法的手続準備に入る、というような警告文書が届いた場合、まだ、裁判のような法的手続はとられていないことも多いです。

 

ニッテレ債権回収

ニッテレ債権回収のような債権回収会社の場合、もとの債権がどこの債権であるか明記されていますので、それをチェックしたうえで、時効を検討してみましょう。

 

地方銀行の保証会社、たとえば、あおぎんカードサービス債権などでも、消滅時効例があります。

 

消滅時効については、援用手続をすることで始めて効果が発生します。

これにより支払い義務がなくなり、督促も止まります。

 

 

ニッテレ債権回収からの督促について、時効手続の依頼をご希望の方はぜひご相談ください。



無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

11/30相談会開催

 

横浜駅前事務所

11/30相談会開催

ページトップへ