債務整理に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉オリエントコーポレーションの債務整理

オリコの債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

オリエントコーポレーションの債務整理

オリエントコーポレーションの債務整理の事例紹介です。

クレジット会社のオリエントコーポレーション、いわゆるオリコのカードローンも任意整理、債務整理ができます。

広く使われているクレジットカードのため、複数のカードが対象になることも多いです。

また、同社の自動車ローンを組んでいる方も多いので、そのようなローンや個別ショッピングのローンがないかどうかもチェックが必要です。

 

長期間、クレジットカードを使っている方は、過去のキャッシングについて過払い金が発生していることもあります。ローンの方が多い場合には、そこで相殺されることになりますが、借金が意外に減ることもあります。

借金が残ってしまった場合、分割払いの交渉をすることになりますが、5年程度の分割払いの和解は成立しやすいクレジット会社です。

取引内容や金額などの個別事情によもよりますが、80回以上の分割合意ができた事例も出ています。

 

延滞が続き、裁判まで起こされてしまっている場合には、裁判所を通じての和解交渉になります。

和解に代わる決定等で分割払いの合意をすることがほとんどです。

 

オリエントコーポレーションの時効援用事例

オリエントコーポレーションもクレジット会社ですので、消滅時効期間は5年間となります。

支払いを止めるなど、期限の利益を喪失してから5年間、裁判を起こされるなど時効を中断する事情がなければ、消滅時効の援用をすることで支払い義務がなくなることがあります。

平成15~平成26年に支払いを止めた方で、裁判を起こされることなく、消滅時効期間が経過していたことから、消滅時効の援用により解決できた事例があります。

個別ローン契約では、平成19年あたりに支払を止め、その後、裁判を起こされたものの、そこから10年が経過して消滅時効の援用により解決できた事例もあります。

ただ、車のローンでは、平成25年に裁判を起こされているケースもあります。

時期だけではなく、対象のローンが何なのか、その金額によって裁判を起こされているかどうかは変わっています。

過去、アメニティのローンカード、オリコカード、フリーエールなどのローンで消滅時効成立事例があります。保証人がいたり、元金70万円以上でも消滅時効が成立しているケースもあります。

 

オリコと受任通知

オリコからの督促が来ていても、弁護士に依頼し受任通知を送った後は、督促は止まります。

その後、時効の調査、任意整理では分割払いの交渉をすることになります。

クレジットカードのため、受任通知後も、督促ではなく、利用明細などの郵便物が届くことはあります。

 

 


オリコカードからのカード借金を含めた債務整理、任意整理をお考えの方、借金でお困りの方はぜひご相談ください。


無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

11/30相談会開催

 

横浜駅前事務所

11/30相談会開催

ページトップへ