クレディセゾンの債務整理の事例。任意整理で5年以上の和解成立事例も。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉クレディセゾンの債務整理

クレディセゾンの債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

クレディセゾンの債務整理

株式会社クレディセゾンとの債務整理の事例紹介です。

(著者:弁護士石井琢磨 最終更新:2021.6.8)

 

 

信販会社であるクレディセゾンは、多数のブランドのクレジットカードを展開しています。

東宝シネマズカードと提携していたりします。

お手持ちのカードが複数ある場合には、セゾンのカードがないかチェックしてから整理するようにしましょう。

 

カードのほか、個別クレジット契約でセゾンが債権者になっていることもありますので、預金の引き落とし記録を見て、セゾンの名前がないかチェックしておいた方が無難でしょう。

 

クレディセゾンは、上場会社で、流通系カードの首位と言われています。

西武クレジット時代に、リボ払いを広く展開し始めた会社とも言われています。

複数のブランドを展開しているのも納得の業者です。

 

クレディセゾンの任意整理と分割回数、5年以上も

同社との任意整理の交渉については、3~5年程度の分割払いであれば、まとまりやすい傾向にありますが、支払い停止からあまり時間をかけすぎず、早めに交渉をした方が良い業者になります。

また、事情によって、5年を超える長期分割払いに応じてもらえることもあります。

2021年において、6年を上回る分割払いの和解が成立したケースもあります。

また、元金が300万円近い高額債務で、7年程度の長期分割払いの和解が成立したケースも出ています。

分割払いの内容についても、途中から返済額を上げるような和解ができることも多く、他社との調整により柔軟な解決が狙えることもあります。

クレディセゾン任意整理和解書

クレディセゾンの消滅時効例

セゾンの債務も、クレジット債権ですので、支払いを止めてから裁判などを起こされることなく5年がすぎると、消滅時効の援用ができます。

これにより支払い義務がなくなります。

2007年~2008年あたりに返済を止め、裁判を起こされずに消滅時効が成立した事例もあります。

 

セゾンファンデックスの任意整理

クレディセゾンとは別会社ですが、グループ会社のセゾンファンデックスもあります。

こちらも任意整理の対象になることがあります。

もともと、クレディセゾンが出資した会社で、セゾングループです。

不動産ローンの事業なども取り扱っています。

カード等のローンについて、任意整理をした場合には、クレディセゾンと同じく5年程度の分割払いの和解は成立しています。

事案によっては、6~7年程度の分割払いの合意ができた事例もあります。

 

クレディセゾンとの任意整理和解書

 

Q.債務整理のメリットデメリットは?

Q.債務整理を使える条件は?

Q.任意整理の手順、手続は?

 

クレディセゾンのカード返済で、任意整理等をご希望の方、債務整理をお考えの方、借金でお困りの方はぜひご相談ください。



無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

6/21相談会開催

 

横浜駅前事務所

6/21相談会開催

ページトップへ