債務整理に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉ソフトバンクの消滅時効

ソフトバンクの債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

ソフトバンクの消滅時効例

ソフトバンクの消滅時効援用事例です。

携帯電話会社のソフトバンクも、携帯決済や携帯利用代金による債権者となっていることも多いです。

 

このようなソフトバンクの債権ですも、延滞によりCICなど信用情報機関に載ってしまうこともあります。

 

裁判を起こされるケースもありますが、そのまま5年以上が過ぎており、消滅時効の援用ができるケースもあります。

 

消滅時効については、しっかりと援用を主張する消滅時効の援用手続をすることで支払い義務がなくなり、督促も止まることになります。

 

債権の内容にもよりますが、ソフトバンク株式会社に対して、2009年~2012年あたりの滞納代金について、消滅時効の援用が認められた事例があります。1回線分なら金額も少額でしょうが、家族分など複数回線の契約をしている人もいて、10万円以上の滞納金額となっていることも珍しくありません。

 

ソフトバンクからの督促について、時効手続の依頼をご希望の方はぜひご相談ください。



無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

11/30相談会開催

 

横浜駅前事務所

11/30相談会開催

ページトップへ