アルファ債権回収の消滅時効例。神奈川県厚木市・横浜市の弁護士が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉アルファ債権回収の消滅時効

アルファ債権回収の債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

アルファ債権回収の消滅時効例

債権回収会社のアルファ債権回収株式会社の消滅時効援用事例です。

著者 弁護士石井琢磨

 弁護士石井琢磨
 更新:2021.7.8

 

アルファ債権回収は、債権者からの債権譲渡通知が届くことがある会社です。

 

新生フィナンシャルからの債権譲渡通知が届いたという事例があります。

新生フィナンシャルは、レイクブランドを展開していました。GE系列になった際には、GEコンシューマー・ファイナンスだった会社。

ここから債権譲渡を受けたという通知が来ることがあります。

平成25年あたりで支払いを止めたケースで、時効期間が経過した後、債権譲渡されたケースもあります。

債権譲渡がされ、会社が変わっても、時効期間は引き継ぎます。

その間に、裁判等をされていなければ、消滅時効の援用に支払い義務はなくなります。

 

このような債権譲渡通知後に、消滅時効の援用をして、支払い義務がなくなった事例があります。

 

 

このようにアルファ債権回収から請求を受けて、消滅時効手続の依頼をご希望の方はぜひご相談ください。



無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

9/22相談会開催

 

横浜駅前事務所

9/22相談会開催

ページトップへ