債務整理に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉新生銀行、レイクの債務整理

新生銀行、レイクの債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

新生銀行、レイクの債務整理

新生銀行(レイクブランド、GEコンシューマー・ファイナンス)との債務整理の事例紹介です。

著者 弁護士石井琢磨

 弁護士石井琢磨
 更新:2021.7.26

 

消費者金融のレイクブランドを展開する新生銀行については、任意整理であれば、比較的、交渉に応じてくれやすい業者といえます。

5年程度の分割払いの和解は成立しやすい状況にあります。

事情によっては、5年を若干上回る回数での和解も可能です。負債額が200万円という場合でも5年程度の無利息分割払いの合意ができることがほとんどです。

ただし、2020年5月時点で、その合意金額は、合意日までの遅延損害金をつけないと合意できないとの方針です。

短期間での支払いや一括支払いでも、合意日までの遅延損害金をつけないと和解しないとのことで、早期に提案し合意するのが望ましい業者となります。このような事情もあり、取引履歴開示から和解成立まで頻繁に方針確認等をしてくる業者です。

任意整理で進める場合には、早めに交渉開始するべき業者です。

 

消滅時効例

平成14~28年の取引で、裁判等の中断手続はされず、5年経過の消滅時効援用により支払い義務がなくなった解決例が目立ちます。新生銀行前の新生フィナンシャル株式会社から督促が届くことが多いです。

時効になっているケースで多いのは、督促状の遅延損害金の数字が以上に多い場合です。

極端な例では、このような数字になっていることもあります。

レイク時効

 

また、新生フィナンシャルからは、督促状以外に、「今後の返済に関するご提案」などとして、元金など一部だけ支払うことで解決としますよ、という提案書が届いているケースもあります。

新生フィナンシャル側としても、消滅時効の援用をされるよりは、一部でも回収できれば良いとの考えで、このような提案がされています。


新生銀行・レイクからの借金を含めた債務整理をお考えの方、借金でお困りの方はぜひご相談ください。



無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

9/22相談会開催

 

横浜駅前事務所

9/22相談会開催

ページトップへ