債務整理に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉アコムの債務整理

アコムの債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

アコムの債務整理

アコムとの債務整理の事例紹介です。

消費者金融の大手のアコムは、三菱UFJ銀行のカードローンの保証会社になっていることも多い業者です。

三菱UFJフィナンシャルグループからの出資を受けています。

エム・ユー信用保証を子会社に持っていたり、じぶん銀行のローンを保証していることもあります。

銀行の債務を保証していることもあり、金額が大きくなりがちな業者です。


分割払いの場合、和解成立日までの利息等を含めた金額での和解を強く求めてくることも多く、特に短期間の取引の場合、なかなか妥協してくれないところもあります。

 

アコムの債務整理分割回数

一方で、5年程度の分割払いの和解は成立しやすい傾向にありました。ただ、こちらも、取引期間が短い場合には、3年以内での支払を求めるなど傾向が変わってきています。

このような主張をしてくる消費者金融も増えています。貸金業者側からすると、過去の取引で得られた利息収入が多ければ利益もあるので、ある程度の長期間の分割和解も仕方がないかと応じてくれやすい態度に出ます。逆に、借りて間もない時期などであれば、利息収入も少ないので、短期間で返すよう求めるという関係にあります。

一括払いの場合には元金で和解ができることが多いです。この場合も、もともとアコムのローンと保証会社でのローンをわけて、片方のみ一括で元金和解をするという方法もあるかと思います。

他の債権者の状況、収入等の事情によっては、5年を上回る和解ができる事例もあります。また、ボーナス併用などによる和解も可能です。

 

支払い開始時期については、ある程度、融通がききますが、和解交渉時期は早めた方が良い業者です。

また、弁護士による振込代行、支払い管理をする場合には、支払い開始時期について、数ヶ月先でも良いという対応をしてくることもあります。

そのような場合には、早めに交渉を開始し、和解を成立させることが得策となります。

全体の資金繰りを見て進め方を考えないといけないことが多いですね。

弁護士による振込代行を利用することで、全体の資金繰りが改善することもありますので、こちらもご検討ください。

 

任意整理による分割払い場合、勤務先の開示が条件だと言ってくることもあります。

 

 

アコムの消滅時効例

アコムも貸金業者となりますので、消滅時効期間は5年です。

返済をとめて5年経過、その間に裁判等の消滅時効をとめる手続きがとられていなければ、消滅時効の援用手続きをとることで、支払義務はなくなります。

裁判までされていないケースも多く、長期間払っていない場合には、消滅時効の援用を検討すると良いでしょう。

当事務所でも平成14~24年あたりで取引を止めているケースで、消滅時効の援用により解決した事例があります。

また、平成17年あたりに、支払督促や裁判を起こされているケースもありますが、そこから時効期間が経過しているケースもあります。

 

 

アコムと受任通知

アコムからの督促が来ていても、弁護士に依頼し受任通知を送った後は、督促は止まります。

その後、時効の調査や分割払いの交渉をすることになります。

 


アコムからの借金を含めた債務整理をお考えの方、借金でお困りの方はぜひご相談ください。


無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

9/21相談会開催

 

横浜駅前事務所

9/29相談会開催

ページトップへ