債務整理に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉債務整理ケース紹介 〉アプラスの消滅時効

アプラスの債務整理ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

債務整理の事例

 

アプラスの消滅時効・債務整理事例

株式会社アプラスの消滅時効援用事例です。

著者 弁護士石井琢磨

 弁護士石井琢磨
 更新:2021.7.28

 

クレジット会社のアプラスのカードローン等も、支払を止めて期限の利益が喪失された後、消滅時効期間の5年が経過することで、消滅時効が成立します。

消滅時効の援用手続きをすれば、支払義務はなくなります。

信販会社ということもあり、CICなどの信用情報に登録が残っている場合があります。

 

また、債権回収会社に債権譲渡されることも多いです。

エムズホールディングス株式会社に債権譲渡され、同社から依頼を受けたという法律事務所、弁護士からの督促状が届き、相談となるケースもあります。

 

平成15年~平成25年あたりで支払いを止めているケース、Tカードのキャッシング、元金40万円程度のケースでも消滅時効が成立している事例があります。

 

弁護士事務所からの通知を止め、消滅時効の援用をご希望の方はお問い合わせください。

 

アプラスの任意整理、分割払い交渉

アプラスも債務が残ってしまっている場合には、任意整理により、分割払いの交渉ができます。

他のクレジット会社と同じく、5年程度の分割払いの合意は成立しやすいです。

 

Q.債務整理のメリットデメリットは?

Q.債務整理を使える条件は?

Q.任意整理の手順、手続は?

 

アプラスに対する任意整理、時効手続の依頼をご希望の方はぜひご相談ください。



無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

9/22相談会開催

 

横浜駅前事務所

9/22相談会開催

ページトップへ